「現代アート」

2022.5.25

現代アートとは、現代の社会情勢や社会問題を反映し、社会や美術史への批評性、問題提起を感じさせる作品のことです。現代社会と作品テーマとに接点がどれだけあるかがポイントです。現代アートは思考で楽しむ芸術といえます。

現代アートは英語圏ではコンテンポラリーアート(英語 Contemporary Art)と呼ばれています。

コンテンポラリー(Contemporary)とは「現代の」という意味で,「永久の」 (Permanent) に対する言葉です。

・フランス語 Art contemporain
・イタリア語 Arte contemporanea
・ドイツ語  Zeitgenössische Kunst
・スペイン語 Arte contemporáneo

現代アートは「社会」や「政治」をテーマにしていることが多いため、作品のテーマの事象に関して、くわしい背景を知っていたり、学習していないと理解できない場合があります。現代アートは能動的に解釈する楽しみを観る側に与えてくれます。

伝統的なアート作品はリアリティを求める傾向にありました。近代・現代に向かうにつれて、目に見えないもの(概念・思想)をテーマにするようにもなりました。また、身近にあるのに焦点をあてた作品が多いことも特徴の一つです。

現代の社会情勢や社会問題に関する知識がなければ理解するのが難しいことは確かです。「なんですかコレは・・」と感じる作品もたくさんあります。
現代アートはテーマについて考えるきっかけを与えてくれるものであり、作品を観賞して考え、語り合う人がいないと完成しないアートとも言われています。

現代アート(海外作家)
アンディ・ウォーホルリー・ウーハンリキテンスタインキース・へリング、マルセル・デュシャン、ジャン・フォートリエ、ゲルハルト・リヒター、ジェフ・クーンズ、リチャード・プリンス、ダミアン・ハースト、ジャクソン・ポロック、カウズ、ジャン・デュビュッフェ、マーク・ロスコ、イサム・ノグチ、バーネット・ニューマン、モーリス・ルイス、ジョン・ケージ、ヨーゼフ・ボイス、リチャード・ハミルトン、バンクシー等

現代アート(国内作家)
草間彌生村上隆奈良美智、千住博、会田誠今井俊満、白髪一雄、河原温、横尾忠則、杉本博司、塩田千春、毛利悠子、李禹煥、田名網敬一、荒川修作、赤瀬川原平、菅木志雄、空山基、森村泰昌、舟越桂、川俣正、大竹伸朗、宮島達男、小松美羽、束芋、柳幸典、内藤礼、ヤノベケンジ、中村政人、池田亮司、山口晃、加藤泉、杉戸洋、石田徹也、田中功起、松山智一,名和晃平等