辰野登恵子

美術品・絵画買取センターでは辰野登恵子の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

辰野登恵子(たつのとえこ)について

1950年~2014年
長野県岡谷市出身の画家、現代美術家。
東京藝術大学大学院油画専攻を修了後、1970年代前半から作品の発表を始める。
タイルの壁などからインスピレーションを得た格子状やストライプの線の連続と反復を基にして、線描の強弱や僅かな滲みなどにより生まれる差異の形象化を、版画やドローイングなどに試みる。
1980年代以降は油彩制作を中心に、独自のテーマと画風を開拓する。
1990年代以降、独創的な色彩と、豊穣な質感に立体的で重力感が加わった平面構成により、さらなるイメージの造形化を図る。
1995年には、史上最年少の45歳で東京国立近代美術館での個展が開催される。
1996年に第46回芸術選奨文部大臣新人賞を受賞し、2003年には多摩美術大学客員教授となり、翌年から同大学教授となる。
2013年、第54回毎日芸術賞を受賞するなど、日本の現代アートを代表する画家として高く評価されている。

代表的なシリーズ

「Untitled」シリーズ
「Work」シリーズ

最新買取実績

もっと見る 閉じる

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。