北川民次

美術品・絵画買取センターでは北川民次の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治27(1894)年1月17日~平成元年(1989)年4月26日
静岡県出身。
大正2年、早稲田大学を中退し、カリフォルニア在住の伯父を頼り渡米。
ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグでジョン・スローンに師事する。
学友には、国吉康雄がいた。
その後、メキシコに渡りサンカルロス美術学校で学び、メキシコ革命後の美術運動に参加した。
昭和8年、藤田嗣治がメキシコ旅行中の際、民次のもとを訪れている。
野外美術学校教授やタスコでの児童画教育を約10年間行ったのち、昭和11年に帰国。
帰国後は二科展を中心に発表を重ね、フランス美術に偏っていた画壇に衝撃を与えた。
メキシコ美術に影響を受けた太く力強い描線と鮮やかな色彩で、メキシコの独特の気風や人々を描いた。
デフォルメされた独特な画風で、生気あふれる作品を多く残した。

代表的な作品

「メキシコ、タスコの祭日」
「哺育」
       など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。