伊藤清永

美術品・絵画買取センターでは伊藤清永の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治44(1911)年2月24日~平成13(2001)年6月5日
兵庫県出身。
岡田三郎助に師事、本郷洋画研究所に通う。
東京美術学校に入学。
卒業後は、白日会会員となり活動の場を広げた。
終戦ののち復員後、実家の寺の住職代理を務めながら、裸婦の制作に取り掛かる。
51歳で初めてヨーロッパを訪れ、パリとオランダに滞在。
帰国後は、抑えた色調と柔らかいタッチで裸婦やバラを描いた。
徹底して女性美を追求し、豊満で温かみのある優美な裸婦像を描き、その世界を模索し続けた画家である。
平成8年、文化勲章を受章。

代表的な作品

「I夫人像」
「室内」
「曙光」
「椅子に臥る裸婦」
          など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。