岡本太郎

美術品・絵画買取センターでは岡本太郎の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治44(1911)年2月26日~平成8(1996年)1月7日
神奈川県出身。
東京美術学校入学。
父母の渡欧に同行し、昭和5年から一家でパリに移住する。
在欧中にピカソの絵を見て影響を受け、サロン・デ・シュール・アンデパンダン展に出品。
抽象美術のグループや、芸術運動に参加。パリ大で哲学・社会学・民族学を学んだ。
第2次世界大戦のため、パリから帰国。兵役・復員ののち、花田清輝らと「夜の会」を結成。
絵画、彫刻、舞台、建築、プロダクトデザインなど幅広く活動し、当時の芸術家としては斬新で前衛的な芸術活動を展開し、話題作を発表した。
1970年に大阪で開催された「日本万国博覧会」では「太陽の塔」を設計。
マスコミ出演も多く、「芸術は爆発だ!」の名言で知られている。
近年では、巨大壁画「明日の神話」が、渋谷マークシティの京王井の頭線渋谷駅とJR渋谷駅を結ぶ連絡通路に設置されるなどし、今もなお、太郎の影響力と高い人気は衰えていない。

代表的な作品

「日本再発見」
「忘れられた日本」
「美の呪力」
        など

最新買取実績

もっと見る 閉じる

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。