東郷青児

強化買取

美術品・絵画買取センターでは東郷青児の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

東郷青児(とうごうせいじ)について

明治30(1897)年4月28日~昭和53(1978)年4月25日
鹿児島県生まれの昭和を代表する洋画家。

 

5歳の頃、一家で東京に移り住む。学生時代から、モダンな美人画で人気だった竹久夢二の絵を写し描きしていた。
24歳より7年間、フランス・パリを中心としたヨーロッパでの生活のなかで、ピカソらと交流。
また、ロシアの小説家・トルストイが小説の草稿を家政婦に読ませ、彼女が理解出来ない所は優しい表現に書き直したというエピソードに感動し、「誰にでも親しまれ、通俗ではない高いものを持ち、常に時代の先端を行く」という理想をもつようになる。
また、ピカソから「自信のない色は使うな」とアドバイスを受けて以来、色数を抑えシックな色調へと工夫していく。
またキュビズム的な表現も影響されていると言われている。
西洋のモダンさと日本的な叙情が組合わさった乙女像は人々に受け入れられ、企業のノベルティや文房具、化粧品のパッケージやデパートの包装紙などにも採用され、昭和を代表するデザインとなった。
平面的な色となめらかな曲線で、甘美でロマンチックな哀愁ただよう表現が特徴的である。

代表的な作品

「婦人像」
「望郷」
     など

高価買取のポイント

東郷青児は、数多くの女性を描いた作家です。
中でも、女性が目をつぶっている構図のもの、背景に城や塔が描いてある構図のものが特に人気・評価があり、査定額も高額になる傾向があります。
サイズや作品の状態も高額査定に重要なポイントとなります。
人気作家のため、贋作も多く流通しておりますので公式な鑑定機関にて鑑定が必要な場合もあります。
弊社には東郷青児に精通した鑑定士が在籍しております。
東郷青児の査定・高価買取は美術品・絵画買取センターにお任せください。

最新買取実績

もっと見る 閉じる

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。