鶴岡義雄

美術品・絵画買取センターでは鶴岡義雄の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

鶴岡義雄(つるおかよしお)について

1917年~2007年
茨城県出身の洋画家。

 

1941年、日本美術学校を卒業、二科展に初入選を果たす。
1947年、第32回二科展入選、二科賞を受賞する。
1960年、山種美術館に作品「ベニス風景」が所蔵される。
1965年、第50回二科展にて会員努力賞を受賞。
1974年、第59回二科展にて「ソワル・ド・パリ」を出品し、総理大臣賞を受賞する。
1980年、二科会常務理事に就任する。
1990年、日本芸術院賞を受賞。
1993年、勲四等旭日小綬章を受章。
1994年、日本芸術院会長に就任。
1996年、日本美術学校名誉校長に就任。
2002年、二科会理事長に就任。
2006年、二科会名誉理事に就任。

 

舞妓を多く描いたことで有名であり、西洋的造形思考に立脚して独自の描写を行った。

代表的な作品

「舞妓」
「鼓」
「マドモアゼル」
「笛」
     など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。