林 喜市郎

美術品・絵画買取センターでは林 喜市郎の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

林 喜市郎(はやしきいちろう)について

1919年~1999年
千葉県野田市出身の洋画家。
敗戦後シベリアに拘留され、1946年に日本へ戻り、画家を志すようになる。
50歳を過ぎてから、日本各地を渡り歩き、日本の田舎の風景と民家をモチーフに多くの作品を残す。
「民家の画家」とも呼ばれ、日本の美しい風景を数多く描いた。
1970年には、全国勤労者美術展都知事賞を受賞する。一水会にも入選しその後4回連続入選を果たす。
瓦ぶき屋根の家と田舎の美しい風景を、独自の温かみのある視点で描き、今もなお人気のある作家である。

代表的な作品

「忍野富士」
「飛騨白川郷」
「信州戸隠村」
       など

最新買取実績

もっと見る 閉じる

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。