猪熊弦一郎

美術品・絵画買取センターでは猪熊弦一郎の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治35(1902)年12月14日~平成5(1993)年5月17日
作風を変化させながら、新しい美を追求した洋画家。
大正10年、上京後、東京美術学校洋画科に入学し藤島武二に師事する。
同志と新制作派協会(現 新制作協会)を結成し、以後は同会を発表の舞台とした。
大正13年から約2年間渡仏し、アンリ・マティスに学んだ。
昭和30年からニューヨークに拠点を移し、20年間同地にて制作活動を行う。
画風は今までの具象から一転し、抽象画に移行していった。
平成3年、故郷丸亀市に猪熊弦一郎現代美術館開館。
三越の包装紙「華ひらく」のデザインや「小説新潮」の表紙絵でも親しまれた作家である。

代表的な作品

「Entrance-A」
「Face 80」
「自由」
「デモクラシー」
         など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。