鏑木清方

美術品・絵画買取センターでは鏑木清方の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治11(1878)年8月31日~昭和47(1972)年3月2日
東京神田生まれ。
明治24年に日本画家・水野年方に入門。
当初は挿絵画家として名をあげる。
明治30年代より、本格的に日本画に取り組み、官展を中心に活躍した。
幼少期より慣れ親しんだ、情緒豊かで粋な明治の風俗をテーマに多くの秀作を残した。
ことに美人画は、浮世絵の流れを展開させた近代日本画の代表的美人画として、評判が高い。
また文筆家としても優れ、随筆も多く残している。

代表的な作品

「一葉女史の墓」
「三遊亭円朝像」
「築地明石町」   など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。