堅山南風

美術品・絵画買取センターでは堅山南風の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治20(1887)年9月12日~昭和55(1980)年12月30日
熊本県出身、花鳥、魚類の描技に長けた昭和を代表する日本画家。
上京後、松本楓湖門下の高橋広湖に師事。
1913年、第7回文展に出品した「霜月頃」が初入選。
これを契機に横山大観に師事する。
花鳥画や魚類を得意とし、ことに鯉を描くことに優れていた。
戦後は肖像画を多く手掛け、明るい色彩と純粋素朴で大らかな作品を発表した。
日光山輪王寺薬師堂の鳴竜の天井画の復元を手掛けた。

代表的な作品

「霜月頃」
「白雨」
「魚楽図連作」
「横山大観先生」
「新涼の客」
「O氏像」   など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。