鬼頭鍋三郎

美術品・絵画買取センターでは鬼頭鍋三郎の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

鬼頭鍋三郎(きとうなべさぶろう)について

明治32(1899)年6月18日~昭和57(1982)年6月14日
愛知県生まれの洋画家。
学校卒業後、銀行に就職するも退職し上京。
岡田三郎助、のち辻永に師事する。
大正12年、松下春雄、中野安次郎らとともに美術研究グループ・サンサシオンを結成。
翌年、第5回帝展に初入選。
昭和9年には、第15回帝展「手をかざす女」で特選を受賞する。
戦時中は従軍画家となり、戦後は光風会展・日展を中心に活躍。
優雅で美しい女性を描くことを得意とし、日本画のモチーフを洋画に取り入れることに成功した画家。
昭和26年に制作したバレリーナシリーズで飛躍のチャンスを掴み、昭和41年の第9回日展に「舞妓」以後、集大成ともいうべき舞妓シリーズを展開した。

代表的な作品

「舞妓」シリーズ
「バレリーナ」シリーズ
「舞扇」
     など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。