小磯良平

美術品・絵画買取センターでは小磯良平の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治36(1903)年7月25日~昭和63(1988)年12月16日
神戸市生まれ。
昭和2年に東京美術学校在学中に帝展特選を果たし、首席で卒業。
翌年から同級の友人である竹中郁とともに、2年間フランスに留学する。
帰国後は、猪熊弦一郎らと新制作派協会の結成に参加。
秀抜した描写力で、品のある女性像を得意とした。
第2次世界大戦中は従軍画家として中国へ渡り戦争画を描いた。
戦後は母校の東京藝術大学にて後進の指導に当たる。
昭和49年、赤坂迎賓館の壁画を制作。
また敬虔なクリスチャンであった小磯は、日本聖書協会の依頼を受け、「口語聖書」の挿絵も描いている。
昭和58年、文化勲章受章。

代表的な作品

「T嬢の像」
「娘子関を征く」
「斉唱」
「踊り子」
「家族」
「絵画」  
      など

最新買取実績

もっと見る 閉じる

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。