駒井哲郎

美術品・絵画買取センターでは駒井哲郎の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

駒井哲郎(こまいてつろう)について

1920年~1976年。
東京都出身の銅版画家。
1935年慶應義塾普通部在学中に、西田武雄に銅版画(エッチング)を学び始める。
1942年東京美術学校を卒業。
1951年には「束の間の幻影」がサンパウロ・ビエンナーレ展で聖日本人賞を受賞する。
翌1952年、スイスのルガノ国際版画ビエンナーレでも国際次賞を受賞した。
1954年にフランスへ渡り、パリの国立美術学校でビュランの技法を学んでいる。
1972年には東京藝術大学の教授に就任。
生涯を通じて銅版画一筋で、銅版画の魅力を世間に知らしめた。

代表的な作品

「束の間の幻影」
「海底の祭」
「クラブのA」
「人形と小動物」
         など

最新買取実績

もっと見る 閉じる

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。