田村孝之介

美術品・絵画買取センターでは田村孝之介の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

田村孝之介(たむらこうのすけ)について

1903年~1986年
大阪府出身の洋画家。

1920年、上京して太平洋画会研究所で学ぶ。翌年大阪に帰り、小出楢重に師事する。
1924年、小出らが信濃橋洋画研究所を創立すると同所で修学し、小出、鍋井克之の指導を受ける。また同年、第1回大阪市美術協会展に「静物」を初出品。
1927年、第14回二科展に「裸婦立像」「風景」で初入選を果たす。
1936年、第23回二科展に「薄衣」「噴水」「海風」を出品して奨励を受賞。翌年、二科会員に推挙される。
戦後は宮本三郎らと二紀会を結成し、二紀会で作品を出品する。
1952年よりヨーロッパへ渡り、フランス、オランダ、ベルギーなどを巡る。
1974年、宮本三郎死去により、二紀会理事長に就任。
1984年、日本芸術院会員となる。1985年、文化功労者として顕彰された。

代表的な作品

「裸婦立像」
「人形」
「薔薇」
「ニース風景」
        など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。