小山敬三

美術品・絵画買取センターでは小山敬三の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

小山敬三(こやまけいぞう)について

1897年~1987年
長野県小諸市出身の洋画家。
1916年に慶應義塾大学を中退し、川端画学校で藤島武二に学ぶ。
1920年、島崎藤村の勧めによりフランスへ渡り、アカデミー・コラロッシでシャルル・ゲランに油絵の技法を学ぶ。
1929年に神奈川県茅ケ崎市にアトリエを構える。
1936年、有島生馬、山下新太郎らと共に一水会を結成する。
1970年、文化功労者となり、1975年に文化勲章を受章する。
生まれ故郷の小諸市に代表作を寄贈し、小諸市立小山敬三美術館が完成する。
浅間山を描いたものが代表的で、今もなお評価が高い。

代表的な作品

「紅浅間」
「白鷺城」
「長春花」
「富士」
     など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。