国吉康雄

美術品・絵画買取センターでは国吉康雄の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治22(1889)年9月1日~昭和28(1953)年5月14日
岡山県生まれ。
米国で活躍した日本人の画家。
16歳で単身渡米し、様々な仕事に就いたのち画家を志す。
当時は多くの日本人が移民として米国に渡っていた時代。
西海岸からニューヨークに移り、アート・スチューデンツ・リーグで学んだ。
その後、二度ヨーロッパを訪れ、素朴で幻想的な作風から写実表現へと一変させる。
戦時中は、「敵性外国人」とみられ、反日の姿勢を取り激動の時代を過ごした。
戦後、アメリカ美術界でも認められるようになり、ニューヨーク近代美術館の「19人の現存アメリカ作家」展に招待出品し、存在を不動のものとした。
ヴェネチア・ビエンナーレのアメリカ代表や、アメリカの芸術家組合の初代会長になる等、アメリカを代表する画家の一人となる。
色彩は茶褐色で中間色の微妙な色合いが特徴的で、孤独と憂愁を感じる作風で知られている。

代表的な作品

「秋のたそがれ」
「クラウン」
「裸婦」
「もの思う女」
「祭りは終わった」  
など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。