森田りえ子

美術品・絵画買取センターでは森田りえ子の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

昭和30(1955)年~
兵庫県出身。
京都市立芸術大学日本画科専攻科終了。
1986年、第一回の川端龍子賞にて大賞を受賞。
創画展を中心に活動する、現代の日本画壇を代表する女流日本画家である。
季節の草木や花を卓越した描写力で捉え、舞妓や裸婦等を女性ならではの、しなやかで繊細なタッチで描き上げる。
2007年に金閣寺本堂の杉戸絵と客殿の天井画を制作。
パリの三越エトワールで個展開催、日本・オマーン国交樹立40周年記念「森田りえ子日本画展」で展覧会を行う等、世界に活躍の場を広げている。

代表的な作品

「白日」
「自由の翼」
「秋華」
     など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。