元永定正

強化買取

美術品・絵画買取センターでは元永定正の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

1922年11月26日~2011年10月3日
三重県出身の戦後日本の美術界を象徴する画家のひとり。絵本作家でもある。
有名画家である吉原治良に師事し、斬新な素材を用いて、実験的な作品を発表。
その後、絵具のたらし込みなど流動感ある絵画を発表し、注目を集める。
油彩やインスタレーションだけでなく、70年代からは版画制作にも精力的に取り組んだ。
後期には、作品名に擬音語や擬態語を取り入れ、読むだけで楽しくなるユニークな抽象画を作成した。
1983年日本芸術大賞、1991年に絵本にっぽん賞、1992年には大阪芸術賞などを受賞。
また、その活躍が認められ、「紫綬褒章」や「勲四等旭日小綬章」も受賞している。

代表的な作品

「もこ もこもこ」
「もけらもけら」
 など

高価買取のポイント

具体美術協会に参加し、絵本作家としても有名な元永定正は、その独創的な作風で非常に高く評価されております。
特にここ近年は、国内外のオークションにて60年代の作品が高額で落札されておりまだまだ高い評価のある作家です。
売却の際は、作品の価値と相場を把握した業者に査定してもらうことが重要です。
弊社では、元永定正の買取も特に力を入れております。
お気軽にお問い合わせください。

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。