斎藤三郎

美術品・絵画買取センターでは斎藤三郎の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

斎藤三郎(さいとうさぶろう)について

1917年~1996年
埼玉県出身の洋画家。
1937年、内務省に勤務するかたわら、東京物理学校で学ぶ。
1940年、出征し、戦地で数多くのデッサンを描き画家を志すようになる。
1946年、第31回二科展にて初入選を果たす。
1948年、第33回二科展にて「敗戦の自画像」が特待を受賞する。
1950年、「信仰の女」が第35回二科展において二科賞を受賞。
1967年、サロンドートンヌに出品、二科会評議員に推挙される。
1970年~1980年まで度々渡欧し、スペイン、イタリア、ベルギーなどに滞在する。

主にフラメンコダンサーをモチーフに描き、鮮やかな色彩、優雅な雰囲気の画風は今もなお高く評価されている。

代表的な作品

「セビリヤの踊り子」
「セビリヤの娘たち」
「踊り小屋」
「娘エレナ」
       など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。