里見勝蔵

美術品・絵画買取センターでは里見勝蔵の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

里見勝蔵(さとみかつぞう)について

1895年~1981年
京都生まれの洋画家。
1913年関西美術院に入り、鹿子木孟郎の指導を受けた。1914年東京美術学校西洋画科に入学、長原孝太郎に素描を学び、小林萬吾、藤島武二、黒田清輝からは油絵を学ぶ。
1921年にフランスへ留学し、ブラマンクに師事し、多くの影響を受ける。
1925年に京都へ戻る。第12回二科展に滞欧作「マリーヌの記念」など7点を出品し樗牛賞を受賞する。
1926年に渡仏中交友のあった前田、小島、木下孝則、佐伯祐三と5名で一九三〇年協会を設立する。1929年に上京する。
1954年、独立美術協会を退会し、以後美術団体に所属せずに制作を続けたが、戦後の54年国画会に会員として加わる。
同年4月に再渡仏し、ブラマンクをはじめガシェ、ザッキンらに再会し、58年に帰国する。

 

一貫してフォーヴの画風を追求し、強烈な色彩で独自の画法を展開した。

代表的な作品

「イビザの山野」
「風景」
「女性像」
      など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。