田辺三重松

美術品・絵画買取センターでは田辺三重松の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

田辺三重松(たなべみえまつ)について

1897年~1971年
北海道出身の洋画家。
1921年、函館で初となる本格的美術団体赤光社の設立に参加する。
1928年、第15回二科展に初出品し「荷揚げ場」と「花道」が初入選を果たす。
1934年、新美術家協会会員に推挙される。
1936年、第23回二科展で特待賞を受賞する。
1942年、第29回二科展では「岬の午後」と「晩春の耕地風景」が入選、二科賞を受賞する。
1945年、向井潤吉らと行動美術協会の設立に参加する。
1960年、「昭和新山」が文部省の買い上げ作品となる。
1963年、ヨーロッパを旅行し、その後数年間は北欧のフィヨルドやスイスの山々などの風景画を制作。
1967年、大雪山を旅行中に網膜剥離によって右目の視力を失うも、その後も絵画の制作を続けた。

 

雄大な北海道の自然を愛し、黎明期の洋画壇を代表する作家。

代表的な作品

「函館風景」
「薔薇」
「支笏湖」
      など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。