木村忠太

美術品・絵画買取センターでは木村忠太の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

木村忠太(きむらちゅうた)について

大正6(1917)年2月25日~昭和62(1987)年7月3日
香川県高松市出身の洋画家。
昭和11年上京し、洋画研究所で学ぶ。
独立美術協会会員となる。
昭和28年に渡仏し、以後ほとんど帰国することなくパリに定住。
新しい印象派を追求し、「魂の印象派」と称した線描と色面を重ねて描く独自の表現で、東洋と西洋の融合や内なる光を表した。
作品は、鮮やかな色彩と抽象と具象を併せ持った作風で描かれている。
昭和41年には、日本で初の個展を開催。
サロン・ドートンヌ出品作「ル・クロ・サンピエールの家」がパリ国立近代美術館買上げとなり、のちにサロン・ドートンヌ会員となった。
昭和58年、フランス政府よりシュヴァリエ・ド・ロルドル・デ・アール・エ・デ・レトル勲章受章。

代表的な作品

「ヴァローリスのオリーブの木」
「ル・クロ・サン・ピエールの家」
「ピレネーの村」
         など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。