小林和作

美術品・絵画買取センターでは小林和作の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

小林和作(こばやしわさく)について

1888年~1974年
山口県出身の洋画家。
山口氏の裕福な地主の家に生まれ、京都市立絵画専門学校に入学、竹内栖鳳の指導を受けた。在学中に文展に入選する。
日本画から洋画に転向し、1921年に上京し、梅原龍三郎・中川一政・林武らに指導を受ける。
1934年には春陽会を脱会し、独立美術協会会員となる。
広島県尾道市に移り住み、亡くなるまで40年間尾道で創作活動を続ける。
1971年に勲三等旭日中綬章を受章する。
豊かな色彩と大胆な構図で描かれた油彩は今もなお評価が高い。

代表的な作品

「春の山」
「室戸岬」
「海」
「山湖の秋」
       など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。