横尾忠則

美術品・絵画買取センターでは横尾忠則の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

1936(昭和11)年6月27日~
兵庫県出身の現代美術家。
グラフィックデザイナーとして働き、極彩色のポスターや装丁が注目される。
80年代から絵画制作を行う。生と死を生涯のテーマにして、模写やコラージュも手掛けた。
姿や形を変えながら同じテーマを繰り返し描きシュールな構成と派手な配色が特徴。

代表的な作品

「腰巻お仙」
「お堀」
      など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。