絵画買取について

絵画の歴史は長く、西洋画・日本画・洋画・掛軸・版画など、絵画の種類も多岐にわたります。 また、油彩(油絵)・水彩・アクリル・ペンなどの画材によって紙やキャンバスなどに描かれ、絵画の技法や表現方法も実に様々です。 国内では、戦後の経済成長と共に、百貨店や画廊などで著名作家の絵画を購入する人々も増えていきました。 特にバブル期にはゴッホの「ひまわり」に代表される、企業による西洋絵画の買い漁りなどで、絵画は投機の対象としての側面も見られるようになってきました。 現在でも、ピカソやルノアールなどの世界を代表する作者の絵画は安定した相場がありますが、最近ではアンディウォーホル草間彌生に代表される現代絵画(現代アート)の評価、価格が急上昇し、絵画市場の流れも変わりつつあります。 日本も高齢化社会を迎え、絵画のような必需品以外のものは積極的に整理していく風潮になっていますが、今の時代だからこそ驚くような高額作品が出てくることも多々あります。 お家に眠ったままの絵画・昔買ったけど飾らなくなった絵画・いただきもので自分好みではない絵画・親から引き継いだ絵画など、査定に出すまでは少々面倒かもしれませんが、当社での絵画買取査定は完全無料ですので、絵画の買取、絵画の査定についてどうぞお気軽にご相談ください。 札幌・仙台・東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・広島・福岡などの主要地域はもちろん、全国を対象に出張無料にて対応しております。 また、法人様からの絵画ご売却のご依頼や遺品整理についてもお受けさせていただいております。 絵画の査定、絵画の買取は美術品・絵画買取センターにお任せください。

 

美術品買取について

美術品とは、絵画・彫刻・工芸など芸術作品や骨董品の総称ですが、その定義は広く文化圏によっても異なってきます。 希少性や需要と供給のバランスにより相場が決まり、いわゆる時価で取引されると言っても過言ではありません。 日本では、古くは仏像や彫刻、書などが代表的なものと言えるでしょう。また千利休が確立した茶道によって、現在も茶道具は日本の美術品として扱われていますが、お茶を嗜む人が少なくなったことや生活様式の変化により、茶道具や茶室に掛ける掛け軸などの評価は年々下がってきているのが実情です。 逆に、日本の骨董品をコレクションする海外の人は増え、良い品物は高値で取引されています。 西洋では19世紀末から20世紀初頭にかけ、ヨーロッパを中心にアールヌーボーと呼ばれる芸術運動が起こりました。クリムトやミュシャ、エミール・ガレなどは当時の代表的な作家と言えます。 優れた美術品は経済の強い国に集まると言われます。日本でも絵画同様、バブル期には様々な美術品が買い漁られコレクションされましたが、バブルが終わると一気にその熱も冷め絵画美術品バブルは終焉を迎えました。 当時日本に入ってきた美術品で眠ったままのものも数多く存在します。驚くような作品が一般の家庭にあることも少なくありません。 何の価値もないと思っていた美術品が、信じられないような高値で買い取りされることが現実に起こっています。 当社では美術品・骨董品の専門の鑑定士が在籍し、幅広いお品物を取り扱っております。また、どこよりもご満足いただける査定額をご提示できるよう努力いたします。 美術品、骨董品、アンティークなどの査定、高価買取は美術品・絵画買取センターにお気軽にご相談ください。