坂本繁二郎

美術品・絵画買取センターでは坂本繁二郎の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

坂本繁二郎(さかもとはんじろう)について

1882年~1969年
福岡県久留米市出身の洋画家。
幼少の頃から絵が上手く、10歳の時に洋画家の森三美が主催する画塾に入門、神童と持てはやされた。
同郷の洋画家、青木繁とはライバルのような関係でお互い切磋琢磨をし、比較されることも多かった。
1907年、「北茂安村」が第1回文展に入選する。
1912年、第6回文展に出品した「うすれ日」は、夏目漱石が称賛したことで知られている。
1914年には二科会の創立に参加する。
1921年、フランスへ渡りシャルル・ゲランに師事、そこで目にしたフランスの風景に影響を受け、鮮やかな色彩を使うようになる。また、コローの作品にも強く影響された。
1924年、故郷の久留米へ戻る。胴ねんの第29回二科美術展覧会で、坂本の還暦記念特別陳列も開かれた。

 

「馬の画家」とも呼ばれるほど多くの馬の絵を描いたが、柿や栗などの静物画も非常に評価が高い。
梅原龍三郎・安井曽太郎と並ぶ洋画界の巨匠である。

代表的な作品

「放牧三馬」
「南瓜」
「馬」
     など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。