平川敏夫

美術品・絵画買取センターでは平川敏夫の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

大正13(1924)年10月16日~平成18(2006)年5月14日
愛知県出身。現代水墨画の第一人者。
京都の画塾に入門し太平洋戦争を経て、我妻碧宇主宰の「新日本画研究会」で中村正義らとともに学んだ。
第3回創造美術展で初入選し、会が「新制作協会日本画部」となって以後、新制作協会展を中心に活躍。
後に、新制作協会日本画部が創画会として独立し、会員となる。
初期の頃は、枯れて白骨化した樹木から芽が出ているのを見て自然の生命力に感動し冬枯れの木々を波打つように描いたが、やがて朱色で樹枝が炎のように描かれシリーズに変化する。
その後は、染め物の「白抜き」のような画法を取り入れ、墨の濃淡で描く画風を確立した。

代表的な作品

「白樹」
「樹濤」
「雪后閑庭」
「那谷寺仙境」
        など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。