福王寺一彦

美術品・絵画買取センターでは福王寺一彦の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

昭和30(1955)年4月3日~
東京都出身。
父で日本画家の福王寺法林に師事。
高校卒業後、父のネパール・ヒマラヤ取材に同行し、穏やかな山々の風景や暮らしを写実的な筆致で情趣豊かに作品を描いた。
昭和53年、第63回院展にて「追母影」が初入選し、以後院展を中心に活躍。
濃密な色調や透明感のある色彩で、自然との親和を表現する独自の画風である。

代表的な作品

「追母影」シリーズ
「トスカーナ」
「ファラフィン」
「ウムブリア」
「ドルガ」
「口笛月華マハバーラト」
「農耕の民」  など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。