石踊達哉

美術品・絵画買取センターでは石踊達哉の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

昭和20(1945)年~
旧満州(現中国東北部)に生まれ、
平成の「琳派継承者」として呼ばれ、現世代を代表する日本人作家。
東京藝術大学大学院修了後、創画展や山種美術館賞展等に出展。
その後、代表作となる瀬戸内寂聴現代語訳『源氏物語』全10巻(講談社)全54帖の装幀画を担当する。
その原画は国内だけでなく、フランス、ニースの美術館などでも展示された。
その後、『石踊達哉画集-咲く-』を出版(小学館)。
三十三間堂本坊妙法院門跡瑞龍殿障壁画32面を制作し、伝統的な花鳥風月を現代感覚で流麗な作品に昇華させる作風は「平成琳派」とも称され、国内外問わず、高い評価を得ている。

代表的な作品

「卯波」  など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。