松尾敏男

美術品・絵画買取センターでは松尾敏男の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

大正15(1926)年3月9日~平成28(2016)年8月4日
長崎県出身。
「花の松尾敏男」とも称されるほど、花鳥画に定評がある。」
17歳で、堅山南風に師事し、院展を中心に作品を発表し受賞を重ねる。
人物、牡丹などの花々や、イタリアなどの世界各国の風景を描くなど、多種多様なテーマを作品にした。
色調は白が多く、明快で彩り豊かで典雅な作風で知られている。
多摩美術大学の教授や日本美術院の理事長などを務め、後身の指導にも力を注いだ。
2009年からは、平山郁夫の後任として日本美術院理事長も務めた。

代表的な作品

「埴輪」
「春容」
「サルナート想」
          など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。