村上華岳

美術品・絵画買取センターでは村上華岳の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治21(1888)年7月3日~昭和14(1939)年11月11日
大阪府出身。
京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校で学ぶ。
在学中から文展で活躍するも審査基準に疑問を持ち文展を離脱し、土田麦僊、小野竹喬らと「国画創作協会」を結成する。
後に持病の喘息が悪化もあり画壇を離れ、晩年は神戸に隠棲し、観音像等の仏教画や六甲の山々、牡丹を題材に孤高の制作活動を行った。
作風は宗教的思想に基づいた精神性の高い幻想的なものもあるが、色彩豊かな舞妓や牡丹も多く手掛けている。

代表的な作品

「日高河清姫図」
「裸婦」
「夏の山」
「樹下禅観」
「秋の山」
「牡丹」  など
         

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。