小倉遊亀

強化買取

美術品・絵画買取センターでは小倉遊亀の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

小倉遊亀(おぐらゆき)について

明治28(1895)年3月1日~平成12(2000)年7月23日

 

滋賀県出身で、上村松園とともに日本を代表する女性画家。
25歳で安田靫彦に師事し、37歳の時に女性ではじめて日本美術院の同人となる。
また女性として初の日本美術院理事長になるなど、まさに女性日本画家のトップと呼ぶべき画家である。
確かな観察眼と豊かで近代的な感性によって生まれた遊亀の作品は、身近にあるものに題材をとった人物画や静物画を、力強い構成と色彩に富んだ表現によって描かれている。

代表的な作品

「浴女」
「古久谷台鉢」
「径」
    など

高価買取のポイント

小倉遊亀は日本画女流作家では抜群の著名作家と言えます。
代表的な椿や梅などの花の図柄も評価が高く、版画も安定した需要があり高い評価で取引されております。
本画も弊社では特に高価買取しております。
小倉遊亀の査定・高価買取は美術品・絵画買取センターにお任せください。

最新買取実績

もっと見る 閉じる

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。