伊藤小坡

美術品・絵画買取センターでは伊藤小坡の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

明治10(1877)年4月24日 ~昭和43(1968)年1月7日
伊勢の猿田彦神社の宮司の長女として生まれる。
現在、猿田彦神社近くには『伊藤小坡美術館』がある。
京都を中心に風俗画、美人画を描いた日本画家。
幼少期より古典文学・茶の湯・柔術を習い、明治24年頃から新聞小説の挿絵を竹紙に模写し始める。明治28年頃には四条派の流れをくむ郷土の画家、磯部百鱗に師事し歴史人物を好んで描いた。その後、京都に出て谷口香嶠に師事。
大正の時代には、上村松園に次ぐ女性画家として一躍脚光を浴びる一方、この時代にあって、家事・子育てを務めながらの創作活動は大変な苦労があったと思われる。
だからこそ、普段の何気ない生活の一場面を女性として、また妻・母としての視点から描いた暖かさあふれる作品が評価され、現代でも親しみを感じることができるのであろう。

代表的な作品

「製作の前」
「琵琶記」
「秋草と宮仕へせる女達」
「伊賀のつぼね」
「幻想」   
        など

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。