田中敦子

強化買取

美術品・絵画買取センターでは田中敦子の作品を高価買取いたします。
お気軽にご相談ください。

作家について

田中敦子
昭和7(1932)年2月10日~2005年12月3日
大阪府出身
大阪市立美術館付設美術研究所時代に、後に夫となる金山明の助言を受け、抽象作品を手掛けるようになる。
1955年に金山、白髪、村上とともに吉原治良の「具体」に参加する。
同年に、壁際の床に2メートル間隔で置かれた20個のベルが順に鳴り響く作品「ベル」を発表。
1956年(昭和31年)、電球と管球を組み合わせ明滅する光の服に見立てた「電気服」(高松市美術館が再制作品を所蔵)を発表する等、パフォーマンスを取り入れた独創的な表現で具体美術家の中でも一躍注目を浴びる。
平面作品においても、電球と電線を連想させる、たくさんの円とそれらを縦横につなぐ線によって画面を構成する表現で話題を呼んだ。

代表的な作品

「『電気服』に基づく素描」
「金のWork A」
 など

高価買取のポイント

田中敦子は具体美術協会の中でも、特に独創的な作品を発表し、今も高く評価されております。
国内外のオークションでも数百万円~数億円で取引されております。
売却の際は、作品の価値と相場を把握した業者に査定してもらうことが重要です。
弊社では田中敦子の作品も特に高価買取しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

弊社で売却するメリット

弊社では、自社開催のアートオークションを毎月開催しております。
刻々と変わる市場の相場を熟知しておりますので、高価買取が可能です。

また、お預かりという形で弊社のオークションへ出品も受け付けております。
査定額よりも高く売却できる場合もございます。
高値で落札されなかった場合でも、事前にご提示した査定額で弊社が買い取ることも可能です。

オークションへの出品をご希望されるお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ。