今年も誠にありがとうございました&年末年始のCM情報

2019.12.25

2019年も終わりに近づいてきました。年々1年が過ぎるのを早く感じるのは皆さんご一緒かと思いますが、今年は特に早かったですね。

と言いますのも、今年はありがたいことに美術品・絵画の買取を通じて、本当に数多くのお客様との素晴らしい出会いがあり、一日一日が刺激的でもの凄く早い1年でした。

個人様から法人様まで、多種多様なお取引をいたしましたが、査定・買取を通じて年々顕著になっているのが「高齢化社会」を肌で感じることです。

ご依頼いただくのは60代以上のお客様も多く、断捨離・生前整理・遺品整理などの理由が最も多いのではないでしょうか。子供や孫に残したいけど、絵画や美術品に興味がない、残されても困る、というケースが非常に多いですね。

60代・70代以上の方がご活躍されていたバブル期はまさに消費社会で、百貨店や画廊など著名作家の作品が驚くような値段で飛ぶように売れていた時代。持つことが豊かさの象徴だった時代です。今はその構造も変わってきて、若い人は所有すること自体に興味がなく、一部のコレクターが自己満足のために行うようなものに変わってきています。

それが最近よく聞く「サブスクリプション」ビジネスの流行や、買わずに借りるシェアリングサービスの拡大に繋がっています。絵画もサブスクリプション、レンタルのサービスを行っている会社も結構ありますが、これが爆発的に流行するということはあまり考えづらいと思います。個人的には絵画や美術品は所有して眺めてみて、時間をかけて良さが分かってくるような、そんな特徴があると感じます。

今後も絵画・美術品はどんどん整理、売却されることが増えていき、査定依頼や買取のご依頼は増えて私共にとってはありがたい限りですが、需給バランスで相場自体は確実に下がっていくと予測されます。著名作家の素晴らしい作品でもどんどん安くなっていく…寂しい限りですがこれも時代の流れでしょうか。

ただ、一部のジャンル(現代アートや超有名作家の名品、本当に古い時代のもの)については世界的な価値があるので、このようなお品物と出会えること、何よりも新しいお客様との出会いを楽しみに来年も精進してまいりたいと思っております。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

弊社の会社としての営業は12/27~1/5までお休みとなりますが、査定は年末年始も受け付けております。

 

※年末年始のCM放映スケジュール

12/31(火)フジテレビ系列「実はカットされてました」 午前9:50~10:50

1/3(金)フジテレビ系列「タカトシの路線バスで!傑作選」午前7:00~11:50

1/7(火)フジテレビ系列「ノンストップ!」午前9:50~11:25

目前に迫る2020年が皆さまにとって素晴らしい年になりますよう、心からお祈り申し上げます。