由水常雄 「加賀切子 梅鉢文 大鉢」

2020.12.14


由水常雄「加賀切子 梅鉢文 大鉢」を買取させていただきました。 

由水常雄は、1968年より1970年まで、チェコ政府招聘留学生としてカレル大学に学び、ガラス工芸史、東西美術交渉史を専攻。
様々な大学で教鞭をとった後、1981年、ガラス作家養成校・東京ガラス工芸研究所、能登島ガラス工房などを開設しました。

現在は箱根ガラスの森美術館の顧問を務めるなど、ガラス工芸の分野では大家となっております。

こちらの作品は梅文が美しく表現された大鉢です。