荻須高徳 「メニルモンタン」

2020.6.1


荻須高徳「メニルモンタン」を買取させていただきました。

技法:油彩画
サイズ:8号

荻須高徳は大正・昭和期を代表する洋画家で、大半をフランスで過ごし、生活の匂いが感じられるパリの裏町を描き続けました。

メニルモンタンは庶民的で気さくな下町というイメージがあり、パリのカフェ文化の発祥の地ともされています。


 

荻須高徳の買取・紹介ページは こちら